肺気腫について

株式会社エフドアーズ

047-704-9696

〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前3-7-15 行徳イトーストア21号

営業時間 9:00~18:00 定休日 土日祝

肺気腫について

スタッフブログ

2018/04/27 肺気腫について

第5回目は「肺気腫」についてです。

 

 

疾患名でいうと、慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)ですが、厚生労働省のガイドラインでは、「タバコの煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患」と記載されています。

 

これは、タバコで肺が穴ぼこだらけになってしまってますよ〜という病気です。肺が穴ぼこだらけの(肺の組織が破壊される)状態を肺気腫といいます。

 

そのため、慢性閉塞性肺疾患(以下略称:COPD)や肺気腫といった病気は、タバコによる原因が多い病気と考えていただければよいです。肺が傷ついたことで気管支が狭くなり、呼吸器症状が現れます。

 

COPDのつらいところは、治療薬と言われ、「β2刺激薬」や「抗コリン薬」のどちらも肺の傷を治すことができないというところにあります。

 

いずれも、一時的に気道の閉塞を広げる対処療法にな流のですが、禁煙をしなければ悪化を食い止めることができないのです。そのためCOPDや肺気腫の最大の治療は、禁煙となります。

 

COPDが進行してしまうと、ひどい場合には在宅酸素といった、一日中酸素を吸入しなければいけない状態となります。。そうなる前に禁煙することが重要ですね。

 

症状

  • ずっと咳が続く、一日中痰がからむ、動いた時にすぐ息切れする、などの呼吸器症状が中心にでます。

 

COPDの恐ろしいところは、これらの症状がゆっくりと悪化して行くことです。そのため、重症になって初めて身体的に現れることが多いため、早期に気づきにくいのです。

最近だと、COPDは肺だけではなく全身の問題であることが指摘されています。これは肺の炎症を機に、全身に広がってしまうからです。

 

肺から始まった炎症によって、

  1. 骨粗しょう症になる(骨がもろくなる)
  2. 骨格や筋障害が起きる(筋力が低下する)
  3. 心臓や血管障害が起こる(心不全、心筋梗塞、不整脈の頻度が上昇)
  4. 腹部の消化管障害が起こる(胃潰瘍や逆流性食道炎のリスク上昇)
  5. 代謝障害が起こる(糖尿病や脂質異常症のリスク上昇)
  6. メンタル障害が起こる(うつ状態になる)

などの様々な障害が発生し始めます。

 

そしてCOPDという病気の最も恐ろしいところは、タバコをやめても二度と元には戻らないということです。

残念ながら今の医学では、一度傷ついた肺を元に戻すことはすべはありません。

 

ですので、早期の発見と予防が重要になりますので、定期的な健康診断などの検査が必要となります。

 

お気をつけください!

 

 

 

■□―――――――――――――□■
株式会社エフドアーズ
.
047-704-9696
〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前3-7-15
行徳イトーストア21号
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
■□―――――――――――――□■

TOP