筋萎縮性側索硬化症について 市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

株式会社エフドアーズ

047-704-9696

〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前3-7-15 行徳イトーストア21号

営業時間 9:00~18:00 定休日 土日祝

筋萎縮性側索硬化症について 市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

スタッフブログ

2018/05/16 筋萎縮性側索硬化症について 市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

今回は「ALS」筋萎縮性側索硬化症についてです。

○筋萎縮性側索硬化症(ALS)(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)とは

脳幹脊髄の下位にある運動ニューロンが侵され、筋肉の萎縮や筋力低下をきたす疾患のことです。

  • 主な症状

    1、手足や頸部の筋萎縮が起きたり、筋力低下が起こります。舌の筋萎縮、安静時でも筋肉の細かな収縮などが起こります。

    • 2、進行すると嚥下障害や言語障害が起こり、呼吸不全なども生じてきます。
  • 生活上の障害

    • 1、上記にあげた諸症状が生活障害に繋がっていきます。
    • 2、運動ニューロン以外は変性せずに、感覚や自律神経は障害されません。意識や感覚が明瞭な分、本人には精神的辛さが付いて回ります。
  • 予後のリスク

    • ・進行が速く、発症から3~5年程度で自力呼吸ができなくなる方が多いです。延命には人工呼吸器の装着が必要となってしまいます。
  • 気をつけたいこと

    • ・歩行障害から呼吸の障害へ、寝たきりになるといった経過を急速にたどることが多い疾患です。訪問系のサービスや福祉用具の導入は先手を意識して対応しする必要があります。
    • ・進行性で予後不良であることに対する患者や家族の気持ちを察し、当事者たちが望む療養環境を作っていく必要があります。

 

特定疾患で、発症しないと気づかないことがほとんどです。最近では40、50代の方がかかることの多い疾患とも言えます。

気になる症状などがある場合は神経内科、外科を受診して下さい。

 

 

■□―――――――――――――□■
株式会社エフドアーズ
.
047-704-9696
〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前3-7-15
行徳イトーストア21号
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
■□―――――――――――――□■

TOP