関節リウマチとは 市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

株式会社エフドアーズ

047-704-9696

〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前3-7-15 行徳イトーストア21号

営業時間 9:00~18:00 定休日 土日祝

関節リウマチとは 市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

スタッフブログ

2018/06/11 関節リウマチとは 市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

今回は関節リュウマチについてです。

 

○関節リウマチとは

 

関節内に存在する滑膜という組織が異常増殖することで関節内に慢性の炎症を生じる疾患です。進行すると関節が破壊され様々な機能障害を引き起こします。
関節症状に加えて貧血や微熱、全身倦怠感などの全身症状を合併する方いらっしゃいます。

 

症状

最初は両方の手や足の指の関節が対称的に腫れ、とくに朝、こわばるように動きづらくなります。また、人によっては膝関節や股関節など大きな関節にも病変が進み、水が溜まる、動きにくくなる、痛みのために日常生活に困難をおぼえるようになってしまいます。
年代に関係なくおこりますが、特に30~40歳代の女性に多く発症しやすいです。軽症の人もいれば重症にばる人もいて症状も多彩です。

関節リウマチは、関節だけの病気ではなく全身病と言われています。貧血症状がでたり、体がだるくなったり、微熱がでることもあり、こうなると症状が悪化することがあります。

全身の関節に進行していく病型の患者さんの場合は、指や手首の関節が破壊され、指が短くなったり、関節が脱臼して強く変形することがあります。足のゆびにも、同様の変形がおこります。

全身の関節に進行していく病型の患者さんの場合、一番こわいのは、首の一番上の部分の背骨が前にずれてしまって、脊髄が圧迫され、手足が麻痺したり、呼吸がしにくくなる場合があることです。

 

原因と病態

原因

遺伝的要因や細菌・ウイルスの感染などが考えられていますが、原因はわかっておりません。

病態

関節リウマチの病態は、自己免疫疾患と考えられております。自身の身体の一部を自分のものではないとし、これに対する抗体をつくって反応をおこします。このために関節液をつくる滑膜という組織にリンパ系細胞が集まって反応がおこります。そして、滑膜はさまざまな破壊物質の産生工場となって、しだいに自分の軟骨や骨を破壊してゆくと考えられています。
重症の場合には、関節は固まったり、逆にゆるんで大きく変形したりもします。そして、最終的に関節が破壊されつくすと、変形を残して炎症はおさまることが多いです。

 

治療

関節リウマチは早期の治療がとても大切です。

治療は薬物療法が基本で、抗リウマチ剤と非ステロイド性消炎剤を基本とし、症例によってはステロイド剤、免疫抑制剤、生物学的製剤を用います。補助療法として、ステロイド剤やヒアルロン酸製剤の関節内注射が行われることもあります。リハビリテーション・理学療法も有効です。リハビリの際は痛みのない範囲で行うことが重要です。

手や足の周囲だけで経過する場合が多いのですが、長い間に全身の関節に炎症が進み、最後には関節やときには背骨の手術が必要になる場合もありえます。
また、指の仲筋腱が断裂して手術が必要になることも稀にあります。

 

初期症状の時点で適切な診断を受けて、治療することが重要になります。

 

気になる方は整形外科などを受診してください。

 

 

■□―――――――――――――□■
株式会社エフドアーズ
.
047-704-9696
〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前3-7-15
行徳イトーストア21号
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
■□―――――――――――――□■

TOP