更年期障害について市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

株式会社エフドアーズ

047-704-9696

〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前3-7-15 行徳イトーストア21号

営業時間 9:00~18:00 定休日 土日祝

更年期障害について市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

スタッフブログ

2018/10/15 更年期障害について市川浦安で看護やリハの経験を生かせる求人

今回は更年期障害についてです。

 

更年期障害とは

 

個人差はありますが50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45〜55歳頃)をが”更年期”とい言われます。

 

更年期における様々な不快な症状は、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と密接な関係があると言われています。エストロゲンは8・9歳頃から卵巣で分泌され、その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。これ以降、卵巣機能が低下するに従い、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少していきます。

この突然の変化に体がついていけず、引き起こされるのが「更年期障害」と呼ばれる不調となります。

 

原因

エストロゲンの分泌をコントロールするのは脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分ですが、45歳を過ぎるころから、いくら下垂体が「分泌」の指令を出しても、卵巣機能の衰えによってエストロゲンは出にくくなります。

これを受けて、下垂体はさらに「分泌」を指令しますが、分泌はされにくいまま、このために脳が混乱をきたします。

視床下部は、からだの様々な機能を調整する自律神経もコントロールしているため、この混乱が自律神経にも伝わり、のぼせや冷えなど様々な不調が起きてしまうのです。

 

主な症状

【体の症状】
  • だるい
  • たちくらみ
  • 疲れやすい
  • 耳鳴り
  • のぼせ
  • 動悸
  • ほてり
  • 手足のしびれ
  • 多汗
  • 関節の痛み
  • 手足の冷え
  • からだのかゆみ
  • 腰痛
  • 肌や目、口の乾燥
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 尿トラブル
  • めまい
【心の症状】
  • イライラ
  • 不眠
  • 不安感

 

 

対処法

 

更年期障害は「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」という体の変化によって引き起こされますが、それ以外にも症状を重くさせる原因として考えられるのがその人を取り巻く環境で、ストレスを感じやすい環境にいると、心身が不安定になり、症状も悪化しがちです。

更年期は、子供の独立や親の介護、職場での立場や人間関係の変化など、生活が変わる時期と重なるため、ストレスとうまく付き合うことが大事なのです。

更年期の期間は、ちょうど人生の折り返し地点。
「更年期だから」と必要以上に恐れたり、不安になるのではなく、家族や友人に話すことで理解を得たり、積極的に趣味やスポーツに取り組むことで悩みやストレスを解消し、上手に乗り越えていきましょう。

自分自身で更年期かどうかわからない場合、また日常生活が続けられないほどつらい症状が続く場合は、医療機関を受診しましょう。更年期と思っていても、背後に他の病気が隠れている場合もあります。
また、薬局や薬店で売られている医薬品で症状を緩和するのも、更年期を上手に乗り越えるためのひとつの選択肢です。

 

 

 

■□―――――――――――――□■
株式会社エフドアーズ
.
047-704-9696
〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前3-7-15
行徳イトーストア21号
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
■□―――――――――――――□■

TOP