爪甲剥離症とは 市川浦安で看護師やリハ職の経験を生かせる求人

株式会社エフドアーズ

047-704-9696

〒272-0133 千葉県市川市行徳駅前3-7-15 行徳イトーストア21号

営業時間 9:00~18:00 定休日 土日祝

爪甲剥離症とは 市川浦安で看護師やリハ職の経験を生かせる求人

スタッフブログ

2018/12/05 爪甲剥離症とは 市川浦安で看護師やリハ職の経験を生かせる求人

今回は爪甲剥離症についてです。

 

爪甲剥離症とは、爪が先端からはがれ浮き上がってしまう状態をいいます。俗に「二枚爪」とよばれる状態です。

 

原因

原因は多岐に渡りますが、多いものとしては慢性的な爪への外力(キーボードやピアノを打つなど)やマニキュアを多々使用するなどです。

また、爪甲剥離症は何かしらの病気を原因として発症することもあります。具体的には、以下の例などです。

  • 感染症:手足口病後やカンジダ、ヘルペスウイルスなど
  • 皮膚疾患:乾癬、ポルフィリアなど
  • 内科系疾患:鉄欠乏性貧血、糖尿病、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、アミロイドーシス、サルコイドーシス、多発性骨髄腫、強皮症など

 

症状

爪は本来は指にしっかりとくっついており、はがれることはありません(無理やり剥がさない限り)。

しかし、爪甲剥離症を発症すると、爪の先端から徐々に爪がはがれてしまい、指と爪の付着が弱くなります。爪がはがれた場所は、全体的に白色や黄色っぽく変色します。ただ、細菌感染症が関与している場合には緑色に変色することもあります。

なお、爪甲剥離症では、一本の指が影響を受けるのみではなく、複数の指が同時に影響を受けることもあります。

原因疾患によってはその疾患に応じた症状を伴うことになります。たとえば、手足口病に関連した爪甲剥離症では、爪が剥がれるまでの数日から数週間前に手足口病の症状(手足や口の中の水ぶくれ、発熱、喉の痛みなど)がみられることが多いです。

また、甲状腺機能の異常を原因とする場合には、動悸や疲れやすさ、寒気などの症状がみられます。このような爪以外の症状は、治療方針にも大きく関わるのでとても重要です。

 

治療

治療は、原因となる状況に対してのアプローチをすることがとても重要です。

たとえば、マニキュアの使用が原因となっている場合には、マニキュアを控える必要があります。

甲状腺機能の異常が原因となっている場合には甲状腺機能を是正するための治療方法(甲状腺ホルモン補充療法や手術など)がとられます。また、状況に応じて、抗生物質や抗真菌薬、ステロイド、免疫抑制剤などの使用も検討されます。

爪甲剥離症では、一度はがれた爪が再度指にくっつくことはありません。ただし、爪が伸びていく過程で問題となっている爪の部分が先端へと移動し、最終的には指から除去することが可能となります。

原因対策を行うことで新しく生じる爪はしっかりと指にくっつくことが期待できるため、時間と共に問題となっている爪が健康な爪に置き換わるのを待つ必要があります。

 

詳しくは皮膚科などを受診しご相談ください!

 

 

 

 

■□―――――――――――――□■
株式会社エフドアーズ
.
047-704-9696
〒272-0133
千葉県市川市行徳駅前3-7-15
行徳イトーストア21号
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
■□―――――――――――――□■

TOP